「ほっ」と。キャンペーン

今ここに

カテゴリ:旅・オーストラリア2010( 5 )

オーガニックとローフード事情@オーストラリア

c0156438_2027339.jpg


raw foodとは・・・・・
加工されていない生の食材(多くは有機栽培)を用いた食品、あるいは食材を極力生で摂取する食生活(ローフーディズム)のことである。リビングフードとも呼ばれる
食物が持つ、加熱によって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルなどを効率よく摂取することを目的とする。 ただし、酵素が破壊されないとされている摂氏46度以下でならば加熱してもかまわない


raw foodをしったのはお友達のヨギーニがハワイにヨガリトリートに行った時にお食事は毎食raw foodだったのー
と、聞いた時

なになに?加熱したら酵素が壊れるから生で食べる??

ハワイみたいな温暖な気候のとこやったらありかもしれへんけど、日本で冬に生野菜バリバリ食べるのとか無理やわーーー
と、思ってたのですが

オーストラリアは真夏
オーガニックshopに行くとraw raw ローーー
スムージーや、絞りたてのジュースがあちこちで飲め、トッピングも
スピルリナやらマカやらジンセン(朝鮮人参)やローカカオ
オーブンで焼かずに特殊な低温乾燥機で焼き上げたピザやケーキもありなかなか豊か

c0156438_2061215.jpg


しかも
スムージーうまーーーーー
バナナローカカオスムージーマカ入り
これ・・・・気に入って帰国後もちょこちょこ朝ご飯に作っています

美容に敏感なお友達に教えて貰って以来すっかりはまってるblog、「アンチエイジングの鬼」の魔女さんも酵素絶賛
やっぱり美しく年を取るには酵素は欠かせないないのね
とても40代のは見えないぜ



ということで、なんでも良いトコ取りさせていただいて。。。。。。



ローフードスイーツ早速作りましたっ
もーーーー
簡単すぎて笑ける~~
なんせ火を使わないから
混ぜる、固める、成型する
おままごとやな


c0156438_108029.jpg


ローカカオパウダーで作った生チョコと、しっとりチョコトリュフ

c0156438_10834100.jpg

ローフードの食材で「スーパーフードと言われる食材達です


チョコトリュフにはマカ、ビーポレン(蜂が集めてきた花粉。ローヤルセリーに似た栄養素)ゴジベリー(クコの実。こちらもパワーフード。造血作用など鉄分豊富)ローアーモンド、ローカカオ、スピルリナ(牛肉の4倍のタンパク質)
ラムレーズンも入れました♥



食べ過ぎたら鼻血でそう



殿にはすこぶる評判悪かったのはトリュフ
デーツ(ドライフルーツ)が無理みたい・・・・
「俺にはどう表現していいのかわからん・・・(涙)」だって、ち



でも女子にはすこぶる評判良かったのよね
やっぱ、女の子に食べて欲しいチョコだし




加工処理されていないローカカオは普通のカカオより3割以上栄養的に高いらしいです
眠りに誘ってくれたり、リラックスできたり、脂肪燃焼の効果もあり、マグネシウムも食べ物の中ではダントツに多いスーパーフード


生チョコ(カップの方)
白砂糖をつかわずアガベシロップという血糖値が急激にあがらないシロップで作ってるから身体にも優しいよーー
ローカカオパウダーと、ココナッツミルクと、アガベ
香り付けにラムレーズンと、バニラエキストラ
↑コレ、混ぜて冷やすだけ



簡単すぎて恐ろしい


↑コレは男性も好きみたい♪
うーーーん
ウィスキーに合いそうな・・・・・・

c0156438_10234581.jpg




ちょっと手持ちの30年以上もってるミキサーやハンドミキサーでは物足らなくなってきた
うーーーん
これを機に新しいパワフルなん買おうか考え中・・・
[PR]
by dedehime70 | 2010-02-23 10:26 | 旅・オーストラリア2010

シドニーでのBD@オーストラリア

シドニー来ましたッ
到着は夕方の5時なので夕暮れのシドニーは快適ーーーー
涼しい~~~~
キングスパークのホテルからサーキュリー、ロックスへ、とりあえずシドニー言うたらオペラハウスー
と、街の中をさくさく快適に歩けました
c0156438_21365937.jpg

オペラハウスと
えー、逆風うけて頭爆発


ハーバーブリッチ見て、サーキュリー内のバーや、cafeで陽気にすでに酔っ払ってるオージー達とサンセットオペラハウスを眺めて、景色も良し&味良し!らしいキー・レストランに飛び込んで見ましたが、満席の為追い出されました・・・・・


プランBのロックス・プールへ
なんでもモダン・オーストラリア料理の先がけ的なお店とか
menuはお任せコースか、自分で好きな料理を選べるコースの2種類


お値段150ドル
うーん、だいたいオーストラリアでのレストランの値段の平均だけど、結構良いお値段よね
だったら景色代でのお店より味とサービスに重きを置こうと思いこちらのお店に来ました


アミューズ
のっけからビックリ
c0156438_21444165.jpg

食べてびっくり
「タイやで」
なんと、茶碗蒸しの上にトムヤムクンがッッ
ざんしーーーん
でもスゴイあってるの
甘酸っぱい辛さに刺激されて泡もススムススム
グラスは60ml、90ml、120ml、と量も選べます
120mlをセレクトしたけど、あいかわらずグラスナミナミ注いでくれるサービス心・・・・

コース1のお皿
c0156438_21481522.jpg

夫のマロン海老 名前の通り甘い
甘海老の甘さだけど伊勢海老のようにぷりぷり肉厚
でもザリガニだって ビックリな美味しさ
c0156438_2150355.jpg

ナヲはズッキーニのタルト 薄いけどバターの香るサクサクタルトと濃厚ズッキーニが美味しいッ
つけ合わせのお野菜も見たことの無いお野菜&ワイルドライス


コース2のお皿

c0156438_2153792.jpg

兎のパイ包みは夫のん
淡白な兎なイメージだけどえらい濃厚
クリーム系だからかしら?
夫、絶賛でした


c0156438_215571.jpg

ナヲはガラムマサラソースというネーミングに惹かれてポーク
クリスピーな皮はこりゃビールのお供じゃん
と、夫にサーブ
豚はなんだか広東料理のようなこれまたアジアな香り


コース3のお皿
えーー。
ナヲ人生の中で一番のお肉になりました!!
今思い出してもうっとりなお肉。。。。
c0156438_215899.jpg

ラムなんだけどこんなになめらかなラムは初めて!
スジというものがナイの
なぜーーー???



結構なボリュームでしたがナミナミの赤ワインのおかげで完食ッ
デザートはマンゴーアイスと、バナナとチョコのインドネシアっぽいスイーツ


モダン・オーストラリア料理って各国のええトコ取りらしく、本当に異国情緒たっぷりの味をオーストラリアの豊かな食材で楽しむお料理なのですね


街中なのに羽?手?を広げると40~50センチはありそうなコウモリの喧嘩を眺め
絶好調に盛り上がってるのりのりpubのオージー達を眺め
シドニーの夜の街を探索しましたよ
そしてほろ酔いのままナヲの誕生日は終わっていく・・・・



c0156438_2255878.jpg

シドニーの朝5:55の夜明け


c0156438_2264951.jpg

なんだか目が覚たけど二度寝しようと思いつつ、あんまり綺麗な朝焼けだったので


公園を走るおじいちゃん
スタンドで朝ご飯を買うサラリーマン
もう街は動き出していました


シドニーのスタバでコーヒーを飲み
フードコートの各国料理の数に驚きつつ
ぎりぎりまで街を歩いて過ごしました


オーストラリアのイメージ
衣・食・住の比率、食と住が多いぞパース
賑やかな街の中はcafe・pub・レストランの繰り返し
衣と住のお店1に対して食のお店9???

賑やかな笑い声とおしゃべりが延々と続く街のイメージ

ドバイなんて比じゃない紫外線と暑さとハエのウルル
もう行かないかも・・・・
でももう一度会いたい・・・いつか。そのうち。

かなり楽しかったシドニー
滞在時間短すぎたので後ろ髪引かれっぱなし
きっと再リベンジするだろう


オーストラリア、旅の目的日記はまた次回
もうちょっと
つづく
[PR]
by dedehime70 | 2010-02-17 22:18 | 旅・オーストラリア2010

ウルルへ@オーストラリア

「エアーズロック」のほうが聞きなれた言葉でしたがアボリジニの人達に返還されてから名称が彼らの言葉「ウルル」になったと知ったのは旅の1週間前くらい
ほんま無知ですわ・・・・・

でも、ウルルのほうがなんか響きが好き

パースから国内線で2時間半のフライトで真っ赤な大地のウルルに着きました
c0156438_2041019.jpg

着いて早々1時間後にはサンセットのツアーに参加ます
2泊3日のウルル滞在はなかなかハード
なんせ、太陽が出てる間は体感温度が40度くらいあるのだ


日差しは痛い
そして



ハエが半端なく多い



「乾燥した大地で水分を求めて口や目へ、タンパク質も求めてハエさんはくっついて来ますから~~」
と、ガイドさん


15ドルのフライネット(なんか頭からかぶるネットみたいなん)がどーにも抵抗があって防止+サングラス+スカーフで3日間耐えました

その井出達 the 強盗ルック
c0156438_2084947.jpg

イエーィ

さて夕焼けに燃えるウルルでスパークリングワインで乾杯するという魅力的なシチュエーションの前に、もう一つの巨大な岩「風の谷」カタジュタへ

c0156438_20103315.jpg

絶対、風の谷のナウシカのモデルになったと・・・・思うんだけど・・・
c0156438_20112756.jpg

名前も「風の谷」やし、こんな岩の間をナウシカ飛んでたやーーーん


でも、夫曰く、宮崎氏はかたくなに否定しているとか・・・・・


灼熱の赤いカタジュタを散策した後はウルルに車で15分ほど揺られいよいよサンセットポイントでオーストラリアの泡(ビールもありましたよー♪)サーモンや、野菜スティックにフムス(←にくい)、チーズやカナッペフルーツと、テーブルいっぱいのおつまみをつまみつつ、赤くなっていくウルルを眺めるのです



が、なんと、はるか向こう側から雨雲の塊が・・・・・・
こちらには来なかったものの、クライマックスの夕日をすっぽり隠してまた、素晴らしい勢いで去っていきました

よって、赤く見えるはずのウルルは・・・・
グレーでした・・・・
まあ、雨が降ってる雨雲もなかなか見れないし・・・・
なんだか釈然としないままウルルでのディナーは、宿泊しているセイルズ・イン・ザ・デザート内のレストランクニアで


なんかね、オーストラリアを何回も旅した女性がオーストラリアで思い出に残る一皿のうちの5本指に入る一品が、クニアのカンガルー料理だ!!と、聞いたので

こりゃーー、行っとかなきゃーーッと、予約をしといたのデス



c0156438_20204730.jpg

この日はカンガルーのカルパッチョ!
すごい!!
初カンガルーだったのですが、固いイメージが気持ち良く裏切られましたよ


すんごいなめらかッ
お味もお肉の味が引き立つようにシンプルなお味ッッ

メインはラム
c0156438_20232362.jpg

柔らかいお肉に、ラムの香りが・・・・

オーストラリではほぼ肉食獣になってました(笑)
食べた魚っていったら、タスマニアサーモンだけかな?
ワインも美味しいし~~~~


幸せな気分のままとっとと、ベッドに入り、翌日は4時起床でサンライズツアーです

c0156438_20255461.jpg

いやー、朝一やでー、いらんやろー
っていうナヲの意見は無視されホテルで用意されている22ドルの高額朝弁当・・・・


は、ほとんど食べず、ナヲがスーパーで買ったバナナを食べながらのサンライズ
c0156438_2120821.jpg

熱々のコーヒーやココアも用意してくれています

c0156438_21211752.jpg

やっと念願の赤いウルルが見れました

昼間は暑すぎてプールにもいけずスパでマッサージを受け、夕方はハエと戦いながらプールで泳ぎ
夜は、違うホテルのBBQレストランでカンガルー、エミュー、クロコダイル、ラム制覇!!
c0156438_2125960.jpg




ウルルの思い出
グレーのうるると、ハエと、朝日と、暑さと星・・・
c0156438_2127576.jpg

天の川、北半球とは逆のオリオン座


お次ぎはオーストラリアの最大都市シドニーへ
続く





c0156438_21221058.jpg

ウルルとhug
[PR]
by dedehime70 | 2010-02-17 21:31 | 旅・オーストラリア2010

オーストラリア@パース

パースに15年住み、今は日本とパースを行き来しているお友達がパースに帰国する時を狙っての念願の旅

「初オーストラリアがいきなりこんな田舎でええの?」

と聞かれても何もかも初めてだからわかんないの
でもツアーやホテルの滞在だけじゃ味わえない、暮らすような旅に憧れてた私にとっては素敵な思い出になりました

シティから30分程のhillsに住んでいる彼女のお家
夜中にかかわらず最初に出迎えてくれたのお方↓
じゃん
c0156438_8295195.jpg

オージーさん(グレートデン)

元レース犬で引退すると処分される運命の子達の中からこの子を引き取ったそうです
小さな弟君がリードを持っても決して引っ張ることもなく、しつけは完璧にされた状態で引き渡されるそう


オージーさん、ほんまに大人しい方で、滞在中彼の声をきいたのは朝方の甘え鳴きらしき声のみ
もー、ベタぼれしてしまいました
c0156438_8351651.jpg
c0156438_8354928.jpg
c0156438_8363185.jpg

写真ではなぜかちっちゃく見得るけど、かんなり大きな子なのよね
テーブルにも普通にアゴ乗っけちゃうし
c0156438_8393398.jpg



さてパースでは
c0156438_8452280.jpg

やる気のないウォンバットに会い
c0156438_8455835.jpg

カンガルーにえさをやり
c0156438_8464695.jpg

コアラの寝顔をおがみ
c0156438_8472665.jpg
c0156438_8475334.jpg

ビール工場で出来たてビールランチをし


食べだすと止まらない旬の葡萄やなんだかやたら美味しい野菜をたっぷり食べ・・・


日曜日ともなると100キロは超すんじゃないの??な人達が午前中から夕方までcafeに港のレストランにビーチ沿いのパブにと集まり、延々とお酒と食事を楽しむ姿を眺め・・・


100キロ近く出さないと渋滞になりそうな真っ直ぐの道・・・


ビーチの美しさと海の水の冷たさ・・・


そして旅の目的の一つであるオーガニック食材とサプリなどの仕入れetc


長くなりそうなのでこの編で・・・・・
c0156438_8581243.jpg


つづく
[PR]
by dedehime70 | 2010-02-15 09:00 | 旅・オーストラリア2010

オーストラリア☆ひこーき編

よくよく考えると夫と旅に出るのは...去年のスリランカ以来ッ
インドやバリ、年末スリランカは友達とだったもんね

飛行機ヲタク君のおかげで今回のひこーきは久々のシンガポール航空のA380に乗れました♥

関空からは飛んでないので成田→シンガポール→パース

c0156438_7512766.jpg

エコノミーで2 4 2のシート配列のところ、1 2 1の配列です
この上のクラスがファーストクラスじゃなくて‘スイートクラス‘なんですって
ちょろっと見せて貰ったけど・・・・・個室でしたっ


SQ(シンガポール航空)のビジネスのブランケット、まくら、食器はジバンシィ、アメニティはロクシタン、ドリンク類のグラスはステムグラス

機内食はサテからスタート
c0156438_7594922.jpg

スモークサーモンのサラダ
c0156438_803084.jpg

牛フィレ
c0156438_811489.jpg

あとはチーズやフルーツのワゴンサービス、お蕎麦のアイス、コーヒーとプティフールでチョコやら焼き菓子etc

ワインも泡、白、赤

で、後は 寝る
c0156438_841621.jpg

牛になれるな......
シートを倒せばフルフラット


またも私は楽しくってほぼ寝れずでした
・・・・・・・なんか2008のタイの行きしとほぼ一緒な日記かしら(笑)

ちなみにシンガ→パースはナヲはウェスタンベジミールをリクエスト
夜やしあっさりいっとこーと思ったのですが

c0156438_862615.jpg

前菜のこの山盛りのプチプチは???パスタ?やと思う

メインもバター炒めのお野菜としいたけ・・・って前菜とおんなじ味やしー
またパスタ
c0156438_863876.jpg

やっぱりシンガからはインドベジにかぎるな
インド香をぷんぷんさせながら機内食を頂いているインド人を羨ましげにじっと見るナヲでした

1日移動の飛行機から始る旅
夜中00:20パースに着きました

つづく
[PR]
by dedehime70 | 2010-02-15 08:12 | 旅・オーストラリア2010