今ここに

南インド@脈診

今回お願いしたコーディネーターさんは南インド、コーチン在住の女性でご自身もアーユルヴェーダを勉強されたりアーユルベーダを学ぶ為の短期留学などもコーディネートされている方です。



南インドにはアーユルベーダと名のつく外側ばかり整った施設も多く、実際前回のインド旅行の時に体験したアーユルベーダはマンション?の一室で南インド出身の女の子がなでるようなマッサージをしてくれるだけだったり



長期滞在や体験で一度くらいは・・・と思って値段もリーズナブルな街中のアーユルベーダに行くとがっかり・・・なんて声も良く聞きます


今私が滞在しているアーユルヴェーダのセンターはコーチンの
「ナガルジュナ・アーユル・センター」
コーチン空港から車で20分位の場所ですがバナナの木とやしの木が生い茂るゆったりした川沿いにあるセンターです




先ずは問診っ
アーユルヴェーダの医師よる問診は通訳をしてもらいながらということもありますがたっぷり2時間かかりました
母は膝、腰、更年期障害を、私はアトピーと生理不順


アーユルベーダの脈診では、脈を診るだけで弱っている器官や原因などがわかるそう
c0156438_17555238.jpg

c0156438_17564474.jpg



母は肝臓の機能が良くないとのこと(お酒loveがばれたか?!)
体質でいうと「ヴァータ・ピッタ」


私の体質は「ヴァータ」
肌の状態と脈診でこれからどんな治療をするのが良いか決めていくのですが、希望通り「パンチャカルマ」という治療がやはり良いのでやりましょうということになりました。



パンチャカルマというのは体内に溜まった毒素を取り除き本来の体質に戻す為の治療ですが、
汚れたシーツをいきなり洗っても中々汚れは落ちてくれないもの



汚れを落とす為の前処置をし、落ちやすくして、洗い落とし、そして元に戻す


私の場合は肌の状態が良くないのでマッサージはやめて最初の3日間はオイルを体に浸み込ませ、食事は普通食
3日目から「洗い落とす」治療に入るとのこと



・・・・・・・まじですかっ


最低一週間はのんびり朝からアヴィヤンガという2人がかりのオイルマッサージを受けてアーユルヴェーダの食事とヨガを満喫しようと思ってましたが明日からハードな解毒の治療が始まるようです・・・



「浣腸」か? 「嘔吐」か? 鼻からオイル? 通訳の人がにやっとしながら「ヒルに血を吸わせる」とか・・・・

ヒルだけは~~~~~勘弁してください~~~~~~注射器ならなんぼでも~~~(泣)

「まぁ、全ての解毒をするわけではないと思うのですが判らないですよ~~~」
     激しく願います



脈診の診断で医師から占星術師にも診てもらおうとも言われました

これにはびっくり

占いデスカ????



アーユルヴェーダとインド占星術が係わってるのは本で読んだけどまさか自分が言われるとは



「あなたの体のプログラムは悪くないのだけどなにか大きなものが阻んでいるようだ、前世なども診てもらったほうがよい」とな



全くアーユルヴェーダを知らない母は

ざーーーーーーっ


と引いてましたが、通訳の方が知識があるおかげで「そういうもんだ」の納得したもよう
えらいスピリチュアルな方面にも飛んでいきましたがこれからの治療が楽しみです


続く
[PR]
by dedehime70 | 2008-01-17 18:04 | アーユルヴェーダ@南インド